国際医療福祉大学大学院 東京赤坂キャンパス 公開講座 乃木坂スクール

MENU
Twitterへリンクfacebookへリンク
#13 読売新聞特別講座「デジタル社会の虚実とどう向き合うか」

#13 読売新聞特別講座「デジタル社会の虚実とどう向き合うか」

前期講義形態: WEB対面

コーディネーター:丸木 一成 教授医療福祉ジャーナリズム分野

曜日金曜
時間18:00~19:30
※この講座はLive配信予定です。Zoom情報は受講生へ事前にご連絡します。
日程4月12日開始
回数全15回
単発受講:3,000円/1回 
「受講申し込み」ボタンから、申し込み手順がご確認いただけます。単発受講の記述をご確認ください。
受講料一般40,000円

2名申込:33,000円
3名申込:31,000円
4名以上:29,000円
(1名あたり)
単発受講コース:3,000円/1回
「受講申し込み」ボタンから、申し込み手順がご確認いただけます。単発受講の記述をご確認ください。

  1. 表示価格には消費税等が含まれています。

講義概要

生成AIの進化、インターネット、SNSの普及で、誰もが世界に情報発信できるようになりました。「情報過多社会」は便利な反面、偏った情報やフェイクニュースにより、民主主義の危機をも招きかねません。読売新聞は「虚実のはざま」「情報偏食・ゆがむ認知」の連載を通じ、警鐘を鳴らしてきました。その担当デスクをはじめ、国際、政治、教育などの編集委員らを招き、情報の飽食・偏食のネット社会とどう向き合うかを、皆さまとともに考えます。

Web視聴はこちらから

視聴期間は2024年8月31日迄です。
#13 読売新聞特別講座「デジタル社会の虚実とどう向き合うか」
※視聴には、医療福祉eチャンネルでの登録が必要です。登録方法はこちら

Live配信についての注意事項
・Zoomミーティングのシステムを利用いたします。
・講義日の2日前までに受講料のお支払いが確認できた方へZoom情報をご案内します。
・Live配信は、補助的なサービスです。システムトラブルなどで中断の可能性があることをご了承ください。
・正常に視聴できない時は、後日配信されるWeb受講(オンデマンド視聴)をご利用ください。
・ミーティングIDやパスワードを他者と共有することや、無断転載は固く禁じます。
・Zoomミーティングのシステム要件はHP(Zoomサポート)をご覧ください。操作については各自でご対応をお願いいたします。

講義シラバス

※上記「Live配信についての注意事項」をご確認ください。
※Web受講の配信は講義日の2日後以降となります。受講方法は下部「必ずお読みください」をご確認ください。
※日時・内容・講師等は変更になる場合があります。

日時講義名・講義内容講師(敬称略)
4/1218:00~19:30情報パンデミックに向き合う知恵
コロナ禍でデマや陰謀論が広がり、社会に混乱をもたらした実態に深く迫った読売新聞の長期連載「虚実のはざま」。担当デスクが多数の当事者取材のエピソードを紹介し、情報パンデミックを生きるヒントを語る。
読売新聞 大阪本社役員室
(元社会部デスク)
中沢 直紀
4/1918:00~19:30連載「情報偏食・ゆがむ認知」の取材現場から
SNSや生成AI(人工知能)の普及を背景に、政治家の偽動画がSNS上で拡散するなど民主主義が脅威にさらされている。その現状を報告する。
読売新聞 東京本社社会部デスク
稲垣 信
4/2618:00~19:30情報技術面からみた我が国の情報化の現状と課題
DX化の進行度国別ランキングで、イタリアを除き先進国の中で最下位の我が国。DXの遅れは、社会のWEB化の遅れと言える。講座では、WEBとは何かを説明、WEB化が進むと社会がどのように変わっていくかを解説する。
国際医療福祉大学大学院 教授
高橋 泰
45/1018:00~19:30政治とデジタル技術
政治資金の公開ではデジタル化が進まず、選挙に影響を与える偽情報の拡散への対応も鈍い。世論操作で選挙に介入する事例が国際的に増える中、日本の取り組みは鈍い。その遠因と現状を考える。
読売新聞 編集委員
伊藤 俊行
55/1718:00~19:30欧米メディアのデジタル事情
ChatGPTをなど生成AIの普及、データ分析、地図データや3Dモデルの活用など、欧米メディアは、新たな表現手法の定着でコンテンツ制作の現場も変わりつつある。最新トレンドから、課題や将来の展望を探る。
読売新聞 デジタル編集部
(元ロサゼルス支局長)
久保庭 総一郎
65/2418:00~19:30教育のデジタル化の現場と課題
諸外国に比べ遅れていた学校現場のデジタル化。新型コロナの流行で急速に進み、 児童生徒1人に1台の端末が配備された。ITを活用する教師への支援、情報教育のあり方などデジタル教育の現状と課題を報告する。
読売新聞 編集委員
古沢 由紀子
75/3118:00~19:30デジタルプラットフォームの現状と課題
アプリ市場やモール、検索、SNSなどプラットフォームは我々の生活を便利にしてくれるが、様々な問題も引き起こす。競争、データ保護、消費者保護、各分野で進む内外の規制状況や難航の背景を解説する。
読売新聞 編集委員
若江 雅子
86/718:00~19:30科学顧問の役割、政府、専門家、社会をつなぐ
科学的な助言やデータに基づき政策決定する仕組みが日本にはない。世界的に注目される政府科学顧問について、コロナ・パンデミックで尾身茂さんが果たした役割りを手がかりに、「科学的助言」を考える。
日本科学技術ジャーナリスト会議 理事
(元読売新聞科学部長)
小出 重幸
96/1418:00~19:30進む国防のデジタル化。その盲点とは
ウクライナは今、最新のデジタル技術を駆使しロシアに抗戦。兵士に多くの市民が様々な形で協力しているが、軍事を忌避してきた日本は可能だろうか。国防のデジタル化が進む中、自衛隊を取り巻く現状と課題を探る。
日本大学 危機管理学部 特任教授
勝股 秀通
106/2118:00~19:30ゆがむ認知と脳科学
脳は与えられる情報で大きく変化する。その情報が偏っていたら、脳の機能は偏ってしまう。一方、脳は偏った情報が大好物でもある。現代社会で、脳の「健康」を維持するための方策を考えたい。
読売新聞 科学部
木村 達矢
116/2818:00~19:30少子化・長寿化・人口減少とテクノロジー
いまや内政最大の課題と言っても過言ではない少子化、長寿化、人口減少。それらが医療や介護分野にもたらす影響を考察、DX(デジタルトランスフォーメーション)化など、テクノロジーが果たす役割についても検討する。
読売新聞 編集委員
猪熊 律子
127/518:00~19:30デジタルヘルスの現状と課題
海外では、治療法の開発などに臨床現場で得られるリアルワールドデータの活用が進む。国内は健康・医療・介護のパーソナルヘルスレコードの活用に向け動き始じめたばかり政府や医療界の現状と日本の課題を考える。
読売新聞 編集委員
本田 麻由美
137/1218:00~19:30マイナ保険証と社会保障
政府は今年12月に現行の健康保険証を廃止し、 マイナンバーカードによる「マイナ保険証」に一本化する。 国民の抵抗感は根強い。税・社会保障分野へのマイナンバー 導入の経緯や、今後の活用の方向性を考える。
読売新聞 論説委員
川嶋 三恵子
147/1918:00~19:30デジタル社会と医療ツーリズム
コロナ禍の国際的な蔓延に伴い停滞していた医療ツーリズム(インバンド)は2024年に入り、回復の兆しを見せ始めた。一方、各国による患者の獲得競争、大手医療機関のIT情報戦略はし烈を極めている。
国際医療福祉大学 名誉教授
水巻 中正
157/2618:00~19:30シリーズ総括
デジタル技術の進歩がもたらす「情報過多社会」。便利な反面、偏った情報に支配されかねない事態とどう向き合うか。様々な面から考えてきた。まとめとして報道の立場から考えたい。
国際医療福祉大学大学院 教授
丸木 一成

コーディネーター紹介

丸木 一成

国際医療福祉大学大学院 教授

丸木 一成

医療福祉経営専攻 医療福祉ジャーナリズム分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

必ずお読みください

受講方法について

WEB医療福祉eチャンネルにて講義を視聴する受講形態です。

ライブ配信ではありません。講義日の2日後から配信されます。
インターネット環境があれば、受講期間中はお好きな時間に何度でも、ご自宅や職場などで講義を視聴できます。配布資料のダウンロードもできます。

2024年度前期の視聴期間は2024年8月31日迄です。

視聴には、医療福祉eチャンネルでの登録が必要です。登録方法はこちら

対面東京赤坂キャンパスでの対面受講です。

予約制で実施いたします。予約方法など参加時の注意事項はこちらよりご覧ください。

  1. 人数制限により、ご希望に応じかねる場合がございます。
  2. 講師に起因するやむを得ない事情により、受講形態の変更の可能性がございます。

受講料について

  1. 割引の適用がある場合は、お申込時には必ず「申し込み区分」をご確認ください。「申し込み区分」を選択ミスされると割引料金が適用できなくなる場合がございます。
  2. 受講料のお支払いはクレジットカード払い、銀行振り込みが可能です。お申し込み受付後、受講料を事務局よりメールにてご案内いたします。
  3. 開講後のキャンセルおよび受講開始後のご返金は致しかねますので、予めご了承ください。
    詳細につきましては「申込・受講のご案内」をご覧ください。
#13 読売新聞特別講座「デジタル社会の虚実とどう向き合うか」
受講料一般40,000円

2名申込:33,000円
3名申込:31,000円
4名以上:29,000円
(1名あたり)
単発受講コース:3,000円/1回
「受講申し込み」ボタンから、申し込み手順がご確認いただけます。単発受講の記述をご確認ください。

  1. 表示価格には消費税等が含まれています。
ページトップへ戻る